2008年04月27日

映画『SAW IV』完全解読3 It's a Trap.後編:ストラームは嘘をついている

さるおです。
ネタばれ記事です。ネタばれコメントも大歓迎です。これからシリーズをご覧になる方は気をつけてねー。

後編です。細かいところを書きますよ。

【小学校の続き】
OFFICE ROOM 214でペレス捜査官(Lindsey Perez)へのPLAY MEがかかります。ストラームはペレズに頷いて、"PLAY"するように促しているようにも見える。
"YOU ARE IN DANGER OF GETTING TOO CLOSE ... STEP BACK"と言われてましたが、近寄りすぎてぼかん。このときストラームはスーツの上着を着ています。
瀕死のペレスはチェーンについた鍵のようなものをストラームに渡します。このときもまだストラームはスーツの上着を着ていますよね。そしてペレズを床に横たえ上着を脱ぐ。右襟と右肩(向かって左)のあたりに数滴の血しぶきがついてますが、左半身(向かって右)はキレイです。上着を枕にしてあげてるときもシャツの様子は変わっていません。

【訃報かも】
いったんオフィスに戻ったストラームはペレスの実家に電話をかけます。そしてミセス・ペレスに、あなたの娘さんは重傷を負ったと告げるんですね。死んだとは言ってません。このときのストラームはスーツの上着を脱いでいますね。シャツの右襟と右肩の染みは消え、左半身に血しぶきがついてますよ!

【尋問】
電話が終わり部屋から出ようとしたストラームは"Gideon"ビルに気づき、ジルがいる取り調べ室に向かいます。
厳しく追及されるジルは、ジョンには仕事仲間などいないと言い、ぶちキレるストラームさん。このとき、とても不可解な映像がフラッシュで挿入されてますよ!銃を自分のこめかみにあてるストラームが2コマ、銃を自分の顎にあてるストラームが4コマ、さらにジルに向かって銃を構えるストラームが4コマです。そして、ストラームの背後のマジックミラーには、なんとジルが映っていません。
そして、キレまくったついでに、これはパートナーの血だぁ!と言って着ているシャツを見せながら詰め寄る。ストラームのシャツに付着している血痕は"血しぶき"です。あんた、上着着てただろ。シャツに血など付くはずがない。たとえばなぜか上着を脱いで重傷のペレスを抱きしめたとしても、あんな血痕の付き方はしません。ストラームは嘘をついている。
"パートナー"とは誰を指すのか?いったい誰の血なのか?
あるいは、あの後、ストラームとペレスの間で何が起きたのか?
あの血しぶきは、ストラームが奪った"罪なき者"の血ではないのか。

【アトリエ】
"その建物"は低所得層40世帯が入居するはずのものなんですね。

【セシルの住所】
126 CHESNUT ST.

【アトリエのガラス箱】
ちょうど棺桶くらいの大きさのガラス箱。外から鍵がかかるようになっていて、内側はガラスの破片がいっぱい。そのガラス片の下には、鍵がありますよ。
これが例の、"裸のジョンが閉じこめられていた"っちゅーやつっすね!


【Gideonビルの食肉工場】
リグはジェフのスタート地点を通ります。『SAW III』でジェフが閉じこめられていた木箱が落ちて壊れている場所です。
ストラームは到着と同時に電話で応援を要請しています。Gideonビルの所在地はブレイク通りの11235です。なぜ到着してから応援を呼ぶんでしょう。
リグが進んで行くシーンには、不明のフラッシュが挿入されています。顔から血を流して、誰かの肩にもたれかかっている人、これは誰かな。
ストラームもジェフのスタート地点を通ります。そしてデンロン一家(ご夫婦とコーベットちゃん、そして幼い弟のディラン(Dylan))の写真付きの鍵を拾います。
ジェフのたてた物音をストラームさんは聞いているようです。
エリックの現場を見ると、"誰がドアを開けるか言わない"というのがアートのゲームのルールのうちのひとつだということが推測できますね。そしてアートが監視している複数のモニタには、こちらに向かって移動するリグ、建物に入ってくるストラーム、"病室"へのフェンスの鍵を開けるジェフが、同時に映っています。
ストラームも"病室"へのフェンスを通りますね。ということは、ストラームはジェフのルートとほぼ同じ経路を歩いた可能性がある。でも、入ってくるところはリグと同じ場所で、ストラームもリグもジェフのスタート地点を通過しているわけです。リグ、ストラーム、ジェフのうち、どうしてリグだけが別ルートを進むことになったのか。同じスタート地点から出発した3人なのに、2人をジョンのいる"病室"に誘導し、どうやってリグだけをエリックの待つ部屋に誘導したんでしょうか。Gideonビルの見取り図がほしいなぁ。
病室に入ろうとするストラームの前で鉄製の扉が閉まります。拾った鍵でこの扉を開けると、撃たれたリンの血がべっとりついたビニルカーテンのところです。
うーん、このシーンにはまだまだトリックがありそうっすねー。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 23:45| Comment(4) | TrackBack(0) | さるお発『SAW IV』予想/解読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気になった点をいくつか

>ストラームの背後のマジックミラーには、なんとジルが映っていません。

これは、写らない位置にいたと考えられませんかね

>ストラームのシャツに付着している血痕は"血しぶき"です。

確かに不自然ですが、
彼女を床に寝せ上着を脱ぎ枕代わりにした時点で既にシャツについていたので
流れからして彼女が受けた傷からの血しぶきか何かかと思うんですが…
Posted by Tools-Gary at 2008年04月29日 20:52
Tools-Garyさん
ご指摘ありがとーう。

>> ジルが映っていません。
> 写らない位置にいたと考えられませんかね

考えられないことはない。けど、角度が若干不自然に見えませんか?
また、わざわざジルが映らないシーンとしてこのフラッシュを挿入するなら、それは"ジルが取り調べ室にいないことを意味する"か"ストラームの狂言であることを暗示する"か、何かそー言った特別な意味がありそうな気がするんです。
どうかな?

> 上着を脱ぎ枕代わりにした時点で既にシャツについていたので流れからして彼女が受けた傷からの血しぶきか何か

上着を脱いで枕代わりにした時点ではシャツに血しぶきはついていません。反対側の襟のところには血の斑点が何粒かついてるけど。
どうっすかね。
Posted by さるお at 2008年05月07日 23:12
ペレスが重症を負って ストラームが上着を脱ぎ、枕にする
その時シャツの左側は何も着いてない
ペレスがストレッチャーに乗せられて 運ばれる際 鍵をストラームに渡す
その時 既に左側に血しぶきがついてます
Posted by ゆう at 2008年05月29日 13:13
ゆうさん

> ペレスがストレッチャーに乗せられて 運ばれる際 鍵をストラームに渡す
> その時 既に左側に血しぶきがついてます

そうです。ペレスさんが負傷してから運ばれて行くまで、その間に何が起きたんだろう。
Posted by さるお at 2008年07月15日 22:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。