2008年04月29日

サッカーはやってみなければわからないから、正座して観ているだけのさるおも最後とばかりにハートを燃やして、眠れませんがなー

さるおです。
驚きとは楽しさのこと。独創性とは感動のこと。
人の心を躍動させるという意味において、美しい勝利を継承したバルサのボールポゼッションサッカーは、いまだかつて誰にも負けたことがない。


さるおはかつてそう書きました。

フットボールはハートなんだ。もしも、もしもチームのハートが生き返らないなら、バルサはおしまいだと思う。ボールポゼッションサッカーは、おしまいだと思う。

そう書いたんだ。
今季のバルサは負けそうで、マンUにボコられてしまえ!と悔しさのあまり逆ギレしてたりもしましたが、1st.legを観て、やっぱりモスクワに行こうと思い直しました。
"勝てない"のが嫌だったらフットボールファンなんてやってられまへん。負けること自体は慣れっこっすよね。サッカーはやってみなければわからない。だから勝てると信じて応援する。
走り抜いて負けても、それはいいんだよ。走りきることができるかどうか、それこそが本当の勝敗なんだ。
バルサは何度も冬を過ごしてきたじゃないか。闇の中を歩いてきたじゃないか。バルサにはよくないところがあって、有名どころを連れてきちゃー仲違いして裏口からこっそり追い出す、その繰り返し。それでも、それを差っ引いても、"美しさ"のほうが勝るから、だからバルサはバルサなんだよ。
歴史的にみたらバルサはそんなに強いチームじゃない。国内リーグだって、3位4位はあたりまえ。新ドリームチームに目と耳が慣れてしまったから今の順位は屈辱だけど、そうじゃなくて、勝敗を越えたところに、あるんだよ、もっと大事なものが。
もしライカールトのバルサが本当のドリームチームなら、モスクワに行ってシーズンを終えよう。
今季来てくれた選手も、今季で出て行く選手も、気がついたときにはすでにバルサファンで来季もその先も決して出て行かないバルセロニスタも、やっぱすげーよ、バルサはすげーよ、そう思ってシーズンを終わろう。
いいんだよ、勝ち負けなんて本当は。"ドリーム"を見せてくれ。しぼまないで、情熱を見せてくれ。バルサが見せてくれるのは、"ドリーム"でなければならないから。バルサはそーゆークラブだから。
いまだかつて誰にも負けたことがなかったように、今度だって乗り越える。誰にも負けないバルサでいよう。たとえ試合に負けてもそれだけは守り抜け。

あと数時間でオールド・トラフォードです。
眠れませんがなー。

ボールを支配する。中盤で勝てよ、デコ。"夢の劇場"で得点するんだ。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 23:42| Comment(4) | TrackBack(0) | FCバルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バルサのサッカーをやっていたら勝てる試合を引き分けにする事だって
引き分けの試合で負ける事だってある。
だからこそ負ける時は美しくなければならない。
ってのがクライフの考えでありバルセロニスタの考え。
自分と戦って相手と戦って全てを出し切って燃え尽きる。
そんな美しい試合を魅せてくれたら
ファンは負けたって誇りに思える。
だからこそ負けてもバルサはバルサだ!と胸張って来シーズンを迎えたいですが
そうするには昨日の試合はなにかが足りなかったですね・・・(涙)
Posted by KEN at 2008年04月30日 14:36
KENさん
"美しく勝利する"、それ以外の結果など持たない、それバルサ。でも、どーせ負けるんならせめて美しく、と思ってしまいますねぇ。
ほんと、物足りなかった。(泣き崩れ)
Posted by さるお at 2008年05月08日 00:05
”美しく勝利し美しく散る”ってのがいいのは勿論なんですけど
クライフは確か「勝つのは泥臭くてもいいが負ける時は美しくなくてはならない」
という言葉も残してましたよね。
負け方が重要って事なんでしょうけど、最近この言葉をよく思い出します。
これはバルサは勿論なんですけどサッカー界全てにも言える事で
「強い」というのはそれだけで魅力的でサポもつきます。
でも"それだけ"だと勝ちより負けが多い半分より下のチームは
多くのサポを獲得するのは難しくなりクラブとして生き残れない。
だからこそ負け方が美しくなくてはならないんだと。そう思います。
観客を1番に考えるクライフらしい考えですよね。
そしてこのサッカーを世界で最も体現できてなければいけないのは
バルサなはずなんですけどね・・・^^;;
Posted by KEN at 2008年05月08日 02:24
KENさん
うん。
勝つときは泥臭くてもいい。だが、負けるときは美しく。
美しく散ってよい、ちゅーより、勝利が前提で、もし負けるんなら少なくとも美しくねっちゅー最低条件みたいなもんすよね。

> 「強い」というのはそれだけで魅力的でサポもつきます。

今ね、チェルシーさんが頭に浮かんでしまいましたよ。あそこは強い(笑)。
バルセロニスタ的というかクライフ的というか、そーゆー目線でサッカーを観ているとチェルシーなんかもうつまんなくて腹立ってくるわけですが、チェルスキーのよい子に言わせればきっとそこには"美しさ"があるんだろうと思います。するどいカウンター攻撃で瞬殺て、機能美なんだろうと。
やっぱどのチームもそれぞれ、ファンにとっては"魅力"にみえるところがあるんだよね。勝利だけでなくその魅力すら失ったとき(バルサみたいに(涙))がまずいっすね。

> 多くのサポを獲得するのは難しくなりクラブとして生き残れない。

そんな感じに。
これで離れていくファンもいるんだろうなぁ。
日本だと、根っからのバルセロニスタってそんなにいるはずないわけで、バルサブーム(=ロニ子ブーム?)は終わりかもしれないっすね。
はぁ。
でもさるおはもう来季が楽しみっす。
Posted by さるお at 2008年05月23日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。