2008年09月01日

La Liga 08-09 1節  ヌマンシアバルサとか

さるおです。

バレンシアマジョルカ 3-0
カニサレスのいないバレンシアなんて見る気がしねぇ、とか思ってましたが、この上なく心配だったので観てしまいました。なんだかんだで戦力落ちてないし、元気そうでよかった。見どころいっぱいでおもしろかったっす。よく動いてた、両方とも。互角な感じにマジョルカも強かったっすよ。

ヌマンシアバルサ 0-1
バレンシアマジョルカもそうでしたが、やっぱええね、開幕戦は。すごく速いし。ほんと、動き続ける。昇格してきたとこは元気いいし、強いもんす。
バルサは男バルデスの前にプジョルとラファ。右にダニ、左に男アビダル、中盤の底にややちん、その前にイニ坊とシャビ。右にレオ、左にティティ、先頭はエトー。
開始早々ひとりで持ち込みぼかーんとシュートを放ったレオ、はりきってまんがなー。すごいっす。ボール持ったらもれなくトップスピード。同じくらい目立ってるのがダニさんということで、やっぱ右は強烈っすよ。
ところが、前のほうを走りまくっている鼻息の荒いダニさんが戻るより早く、ベルビスさんがファーサイドへクロス!ぶりちゃんをかすめたボールは完全ドフリーで上がってきたマリオ・マルチネスさんへ(涙)。なんでフリーなんだ、おまえ。なんでフリーにしとくんだ、バルサ。開始12分、カウンターを狙っていたヌマンシアさん余裕のゴール(泣)。
ヌマンシアは戻るのが速い。ぶわぁーっと速攻した後は、こちらもトップスピードでボールを運んでいるシャビがふと前を見ると、みんないるーっ、ということで、急いでも急いでも間に合わねーっす。
ほんでもまぁエトーとティティもチャンス作ってるし、盛り上がっていた前半なので、後半はすごいぞとわくわくしてましたが、えっと、後半はそれほどでもなかったっすね(汗)。後半の20分までに立て続けに、ややちんとフレブ、ティティとぼやんちゃん、イニ坊とケイタ、と3枚の交代枠をじつにあっさりと使いましたよ、ペップは。シャビが底に下がって、フレブが右、レオは中央よりに、ぼやんちゃんは前線中央に、とそんな感じでズレるわけですが、うーん、このへんから、前半目立っていたダニさんとかレオとかティティも、なんか目立たなくなりましたねぇ(汗)。ぜんぜんうまくいきませんよ。
シャビのミドルがクロスバーとか終了4分前のエトーのヘッドも惜しかったとかありましたがどーにもならないので90分、やけっぱちのいつもの"レオがFKもらおう"作戦、ま、これもポストっす。
負けたー。
たしかにレオははりきってるわりに噛み合わないなとか思いましたが、いいんだよ、はりきってるんだから。そこここにコンビネーションの合わないところはありましたが、大リストラを敢行して開幕いきなりなんでも噛み合うなんて思ってませんからいいんです。CL予備戦(ビスラの特に1戦目)なんか観てたらエトーとティティがいい感じだったわけだし、だいじょうぶ。うん、だいじょうぶ。
白組も負けたし(とりあえずよろこぶ)、ミランも負けたし(無関係)、うん、だいじょうぶ、ラシンに勝つから(心もとない)。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 14:17| Comment(0) | TrackBack(6) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

Liga 07-08 第38節 ムルシアバルサ

さるおです。
バルサって強いよね。
最後の最後まで、そしてムルシアさんにまで、ボコられるのかと思いましたが、いやぁ、バルサは強い。最強。(少しふるえながら)
ジオバニ・ドス・サントスは大将だと思いますね。ハットトリック中の2本はまぎれもないゴラッソ!ふらんくりんも落ち着いた様子で、本当に楽しそう。ふらんくりんのよろこぶ顔を、最後に見られてよかったっす、ほんと。
気がつけばカンテラだらけになっていたバルサ。まずは超スーパースターなどいないここから、ここから行こうぜと思いましたよ。

ところで、なんか知らんうちにオールド・トラフォードで右膝前十字靭帯を損傷したミリート弟の全治6ヶ月がまさかの全治9ヶ月になっていてびっくりです。いや、全治とか完治とかいうなら理想は1年間の休業らしく、あまりにかわいそうっす。
左膝から靭帯移植てー。
しかたがないからゆっくり治してください。またかっこええとこ観たいから。

えーっと、バルサBのわこうどのみなさん、おまえらは優勝しろ。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 23:56| Comment(2) | TrackBack(3) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

Liga 07-08 第37節 バルサマジョルカ

さるおです。
出ていく者は、残る者の明日を気にもかけない。後のことはどーでもいいのか。
無傷で出ていくつもりの者は、傷を負って出ていく者の明日を気にもかけない。ライカーのために、勝とうと思わないのか。
口笛を吹くときはもう過ぎたのに、弱ったチームをまだまだ追い詰める観客も厳しい。
それが今のバルサだと、哀しい気持ちで観てました。そこまで壊れてしまったんだなぁ。
みなさん、ヘンケの爪の垢でも煎じて飲め。(あのころは強かったぁ・・・)
辞意はないと言ったふらんくりん。次季もまた指揮を執られては困るのだけれど、チームの明日を、残って戦う者の明日を、気にかけてくれたわけで、チームを庇い選手を守りしまいには庇わなくていいフロント陣まで庇いながら傷を負って出ていく彼の人のよさを思うと、さるおはね、元気出せと言いに行きたい。
金集めが趣味のラポルタ、おまえには、誰にも責任を押し付けず気丈に振る舞うライカールトの気持ちなんかわかるまい。早く政治家にでもなっちまえ。

後半のロスタイム、グイサの逆転弾が決まったとき、あなたは思わず天を仰いだ。
何を思ったのか、聞かせてくれないか。その荷を一緒に背負ってやりたいから。せめて一緒に、トリスタ(trista)と言って泣くから。
あなたは必ず、この耐え難い苦しみから抜け出す。無情で残酷な今を乗り越える。あなたのような優しすぎるほどに心優しい人物が、いつか栄光を掴まなければ。そうだろ。
あなたは、誰が何と言おうと、"バルサを6年ぶりのリーガ優勝、そして2連覇、さらに欧州王者へと導いた監督"だから。すげーよ。楽しかった。

なんだかこの5年間はとても強烈だったなぁ。ふらんくりんが去るなんて、とても淋しい。
10年後あるいは20年後、ふらんくりんもついにやったなぁ!と思うのもよし、ふらんくりんはやっぱり"いい人"、でいるのもよし。
でもやっぱ、あなたのような心根を持った人が、最後は笑わなければ。ね。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 01:56| Comment(2) | TrackBack(3) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

Liga 07-08 第36節 HABEIS DESHONRADO LA CAMISETA DEL BARCA

さるおです。
ベルナベウで、カンペオンを拍手で讚えてしまいました。レッドカーペットならぬブラウグラナの絨毯を敷いて、白組はその上を歩いていきました。
どうしてこんなことに。
こんなことになった責任者(選手)は不在。
どうして。

とか言って悔し涙にふるえておりましたが、こんなのは可愛いもんでしたね。あはは。本当の"屈辱のパシージョ"は笛が鳴ってからはじまりましたよ。
あんなのはクラシコじゃねーずら。意地などどこかに置いて来てしまったのか。美しさというものから、ずいぶん遠ざかってしまった気がします。みっともない。
けっきょくね、今のバルサはもうレオだけっすね。だけって言ったら言いすぎかもしれんけど、レオたちカンテラーノと、あとは献身的なよい子たちが、どうにか"バルサを存在させている"だけ。

遊んだついでに4-1で勝ったマドリーさん。あんたら、いいチームになったなぁ。

フランクリン・ライカールト、ミランの黄金期を支えたボランチの鑑、ブラックスワン。2003年のシーズンから今日まで(終わったんか)、バルサでがんばってくれてありがとう。あなたとテン・カテさんがバルサを欧州の頂点に導いてくれて、嬉しかったなぁ。あなたには、いつかもっとビッグな名将になって、ミランを引っぱってってほしい。これからもたくさんの修羅場に遭遇すると思う。けど、それをくぐり抜けて強くなって、たとえばミランを、また欧州王者にしてください。あなたならできる。さるおは信じています。応援してるからな。

ということで、"よいこと"だけを記憶に残して、あとは消去しようと思いますね。バルサを天国と地獄の両方へと導いた"いい人"ふらんくりん、まぁね、やっぱ好きっすから。
今日から次節の試合終了(次期監督の発表があるのかな)まで、後任がペップじゃないことを祈ります。彼を食い潰してほしくないから。
とか言って、来季もふらんくりんだったらどうしよう。

「来年も ライカールトに 決まったYO!」ジョーダン・ラポルタ作
なんちって。(ふるえながら、全員スルー)

とにかく、おらが村が2位確定。すげーっす。やつら、すげー。嬉しいっす。
バルサは3位ってことは、夏休みのどさ回りもないし、ちょうどいいんじゃないかな。あはは。あははは。
来季からは楽しいっす。だって、挑戦者だから。新しいチームを構築し直すから。生まれ変わるから。おみくじで大吉が出たらよろこぶんだけどその上はないわけで。まさかの大凶リスタート。(下がぜんぜんねーじゃねーか)

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 22:23| Comment(4) | TrackBack(2) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

Liga 07-08 第35節 バルサバレンシア

さるおです。
おはようございます。バルサが覚醒しましたYO!(手遅れ)
クライシス対決、6-0ですか。もう何の足しにもならんけどな。

さるおはバレンシアが好きです。だからバレンシアの崩壊ぶりは胸が潰れる思いっす。
アジャラを追い出してアルビオルやカニサレスに戦力外通告。クーマンは嫌いじゃないし、彼には彼の言い分とやり方があるだろう。でもなクーマン、バレンシアを誰が支えてきたと思ってるんだ。クーマンよ、みかんの国には、バレンシアがバレンシアたる理由があるんだ。己のサッカー哲学より、動かし難いチームのプレー哲学があるんだよ。
そして残留争いにまで転がり落ちて、クーマンをクビにして、金がなくなって二進も三進もいかなくなったから、ビジャを売ろう、シウバを売ろう、ホアキンも要らねぇや、だって。財政立て直しのために金目の物(選手)を売るのはわかるといえばわかるけど、そうか、カニサレスまで追い出すのか。
以前ね、カニサレスのインタビューを見ました。彼はバレンシアを愛していると言った。今までもそこにいて、これからもずっとそこにいたいと言った。そーゆーバレンシアの魂そのものを追い出すのか。
マドリーがラウルやグティを追い出さなかったように、バルサがプジョルを追い出すなんて考えられもしないことのように、あんたらバレンシアを守らなくていいのかよ。上のほうのあんたら、特におまえだ、ファン・ソレール、バレンシアに金がないならおまえの私財を投げうて。
悔しいっすね。涙が出るほど。
降格するなよ。ふんばれ。
ということで、ビジャさんシウバさんホアキンさん、バルサに来ませんか?

で、話は不甲斐ないバルサに戻ります。
6-0はけっこうですが、デコとエトーが今節黄札を稼いで累積です。クラシコには出ない。
デコ、おまえはそんなに不器用じゃない。圧勝してる真っ最中に、なんで見えるように足踏んづけに行くんだよ。
エトー、きわどくもなんともない場所でどーしてファウルが必要なんだ。押しまくって余裕ぶっこいてたはずじゃないのか。
出られないのではなく、出たくないんだろ。サンチャゴ・ベルナベウでパシージョやりたくないんだろ。屈辱に付き合いたくないんだ。そーゆーときだけ逃げるんだ。
FCバルセロナはおまえらのホームじゃない。そう思いましたよ。(悔し涙)
さるおはデコのことがとてつもなく好きなので、悔しくて震えながら、ちくしょう出て行け、と思いました。(えーん、出て行かないでー)
はぁー。
イタリアで八百長が発覚してユーベが降格したとき、イタリア人さんがずいぶんスペインに来たもんです。彼らは言ってました、スペインは楽しいって。それを聞いたとき、イタリアだとサッカーの練習って楽しくないんだなって思った。
今では思います。楽しいんじゃなくて、特にバルサは、楽しすぎたんじゃねーのか、と。
"いい人"ライカーは風紀委員にはなれなかった。
もしかしたら、ふらんくりんには勝負の世界は合わない、選手としてやってきた世界なんだけど。今の彼はもっと、優しさや思いやりで繋がっていく業界が向いている。いや、今のプロフットボールが、デコやエトーのようにしたたかに振る舞う人の業界なんだと思います。そんな中でも、バカ正直に理想を追いかけてほしいバルサ。なんて複雑。バルセロニスタは大変なんだよ、ラポルタめ。
ふらんくりんの後はペップに決まるんすかね。よくない、まだ早い。ペップが監督としてもっとでっかくなって、バルサがもう少しマシなときにお願いしよう。だってペップは大事な大事なヒーローだから。今はひたすら、腕のいい打たれ強い心臓に毛の生えたおっさんを探してこいよ。こんなただの思いつきで、ぼくらのペップを潰してしまわないでくれ。
それよりテクニコをみんな入れ替えろ。
マルカさんによれば、夏休みには11人放出。シウビーニョ、ちゅらさん、エジやん、サンティは契約期限切れ。ザンビー、グッディ、オレゲル、デコ、ロニ子、ジオバニは、出て行けと。あとレンタルしてきたピントも。
いちばん必要なのは、テン・カテのようなこわーい風紀委員だということをお忘れなく。

ということで、後半の笛と同時にカンナバーロがミラクルな退場をとげたマドリーさんはミラクルな大逆転で、おめでとうございます(泣)。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 22:55| Comment(8) | TrackBack(1) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

Liga 07-08 第34節 デポルティーボバルサ

さるおです。
2-0ですね。もうね、3位はいいけど。
4位はよくない。できれば。あはは。(涙目)

リアソール欠席者のサミュエル・エトー、リオネル・メッシ、アンドレス・イニエスタ、シャビ・エルナンデス、エリック・アビダル、ガブリエル・ミリート、ヴィクトール・バルデス、そしてさるおのデコ、どうか、どうかバルサを、モスクワに連れて行ってください。よろしくお願いします。
ユニ着てテレビの前に正座して、明け方から大声で(苦情殺到)、たとえどんなに痺れようとも足崩さないで応援しますから(無意味)。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 23:14| Comment(2) | TrackBack(1) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

Liga 07-08 第33節 バルサエスパニョール

さるおです。
むなしすぎ。
でもまぁ後半は、デルビーが観られたのでいいや(笑)。レオやイニ坊が入ってから、勢いありましたね。チャンスもつくったし。あぶなさも含めて(笑)。
匠イニ坊はいつも匠。
とにかくひたすら、天使という名のキミよ、イニ坊にあぶないことしないでください、ということだけお願いしておこうと思います。(一瞬凍りつく後半16分)
ダーティによりダーティに黄札が乱れ飛んでスコアレス(泣)。他ではゴレアーダの多い33節です。温厚なレオまでが激怒で黄札。同じくらい温厚なシャビまでもが試合終了後に激怒で黄札。あははー、審判はあんなことこんなことがあって大嫌いなペレス・ラサの野郎です。
今後のことをあれこれ考えようと思います。補強の話とかいろいろ出てきてるし。
白い人たちは次節決めちゃうんでしょうか。なんかもうぐったりしつつ、おめでとうございます。
マンUさんて、強いかな。(強いです)

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 00:06| Comment(0) | TrackBack(3) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

Liga 07-08 第32節 レクレアティボバルサ

さるおです。
エスケーロを呼んでこい。と書いたらサンティが出てきたので嬉しいさるおです。
逆の立場だったら絶対に「間違いなく入ってた」とかどーせ言うんですが(爆)、レクレアティボさんの特に1点目、あれは入ってない。で、2点目もまぁ物議は醸し出すと思いますが、こっちのほうがまぁしかたねーか、と思います。
1点獲るごとに誤審で追いつかれるバルサ、サミュエル・エトーvs.マルコ・ルベンです。デコあたりがいたら大変だったと思いますね、得意のしつこい抗議で、まさかの退場とか(笑)。で、抗議なんかするより得点でリアクションしきれないバルサが、今のバルサ、涙出ますが。

サンティはよかったと思う。いいんだあれで、だって試合なんか出てないんだもん。上出来じゃないか。もっと使ってください。怪我人だらけで人手が足りないって"怪我するの承知でレオを使い過ぎた"りしてないで、サンティにたすけてもらおう。
で、怪我人だらけでモチベーションもあがらないバルサを、今こそ支えてくれているのがグッディとエトーっすね。このふたりのね、ハートがね、つまり責任感と負けん気が、燃えているのが伝わってきます。あんたらは素晴らしい。愛してますよ。
得点しても笑顔のないエトー、おまえのその追い詰められた真剣さを見ていると泣けてくる。もっともっと、チームで勝てないバルサが悔しくて、申し訳なくて、泣けてくる。2点目はすごかったなー。
中盤から、自分でボールを回して、自分で駆け上がって行くアイスランドのサラブレッド・グッディ。なんとか追加点を獲ろうと動き回るグッディ、バルサに馴染めなくて練習から泣いて帰っていたサラブレッド。皺寄せばかりおまえに集めるバルサが悔しくて、申し訳なくて、泣けてくる。おまえのことを愛してるぞ。

ということで、グッディがばんばん動いて張りきってるわけです。で、なんでエジやんと交代なんだ。またしても入ったら急にどこにいるかわからなくなったエジやんです。ラファはどーして出してもらえないんだろう。
やだな、フットボール以外のゴタゴタが見える気がして嫌だ。
ふらんくりんの采配は日に日に謎を深めてまいりますね。

レオの復帰は嬉しいっす。おまえ、いきなり飛ばしすぎだ(笑)。

さるおの呪いの効果も虚しく、バルサは白いのと9ポイント差。おらが村と白いのは10ポイント差です。
シャルケさんなんかスロムカ監督クビにしちゃいましたよ、リーグ3位になったから、あはは。
アルメリアおらが村は早い時間にGK退場て、いきなりの大波乱(泣)。おもしろかったっすねー。

そうそう、ザンビーと一緒にミラン行きのロニ子、お別れの手紙はもう書いたからいっかー。ほんとのお別れじゃないし。
はぁー、つくづくデコが心配。ラファも。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 22:50| Comment(6) | TrackBack(5) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

Liga 07-08 第31節 バルサヘタフェで舞ったというより涙に濡れたさるおの白いねじりハチマキ

さるおです。
白い人たちが引き分け。
黄色い人たちが負け。
なのに、なのに。うちは引き分けてしまいました。
そっか、もうだめなんだな。わかったよ。リーガは獲れない、たとえ上の2つがずっこけ続けても、バルサはリーガを獲れない。それどころか、もうだめなんだよな。疲れて怪我して心が折れていくバルサを見るのはつらいです。言葉ではなくプレーでリアクションしてほしいのに、弁解が続くバルサを見るのはつらいです。怒って励まして疲れたバルセロニスタがカンプ・ノウでチームと首脳陣へ白いハンカチを振るのを見るのはつらい。
ジャッジへの不満とかバルサのよい子たちが紡ぐスペクタクルへの賛辞ではないんだもの。こんな光景を見るのは悔しい。
さるおも白いタオルのねじりハチマキをとって涙を拭きましたよ。

"恒例の裏口"からひっそり出て行きそうなロニ子へ、今のうちに思いを伝えておこうと思います。
ロニ子、さるおはおまえが大好きです。だって、おまえといると楽しいから。おまえは夢を見せてくれるから。
バルサに来て、チームをタイトルに導いてくれてありがとう。たくさん笑顔を見せてくれてありがとう。ずっと愛しているから、笑顔のロニ子に戻って、また輝いてほしい、どこへ行ってもね。
今はちょっと周りが騒がしすぎるけど、たとえばこれからミランに行ったとして、赤黒もきっと似合うからさ、違う環境でリフレッシュして、また笑ってくれるんだろ?
ジーコさんも呼んでますし
楽しみにしているよ。
さるおより

ふらんくりんはどーなるんだろう。これ以上は無理かな。無理だよね。モウには来てみてほしいけど、それよりペップがいいなー。
バルサを去るなら、ふらんくりんにもお礼を言いたい。
監督としてもっと磨いて磨いて場数踏んで、そしたらおまえもいつかはミランか?
とにかくですよ、パルコに座るあんたら、現場だけを追い出せば済むと思うなよー。(ハチマキをねじりなおしながら)

そして、さるおのいちばんの心配はデコです。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 23:57| Comment(6) | TrackBack(2) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

Liga 07-08 第30節 ベティスバルサ

さるおです。
いやー、つよい。まどりはつよい。つよいなぁ、ほんとつよい、つよいつよい。
おらが村も、つよい。つよいなぁ、つよい、つよいつよい。
呪いが効かなくなりました(爆)。
マドリに持ってかれるという屈辱には耐えられないので、作戦変更。
いけぇーっ!おらがむらぁーっ!うりゃぁーっ!ゆうしょうだぁーっ!

マルク・ゴンザレスが、ややちんが、撃ったり撃たれたり。こりゃおもしろいゲームになりそうっす。ふんがー。
あ、バルデスが怒ってる。ちゃんと守れ、撃たせんなと。
CKからエトーのボレーだ!
ばーんと抜け出して、ティティ折り返したぞ!
シャビのミドルもぼかんだ!
10分でこれだけ攻めて、マルク・ゴンザレスに黄札も食わせてやったし、中盤のパスの出しどころと、ちょっと下がって待っといてから前線が走るコースが"打ち合わせ通り"っちゅー感じにぴたりと合う。すんばらしい。
12分にはシャビの浮き球パスをエトーがどーん!こぼれたのを止まらないぼやんちゃんがゴール!ふんがー。それみろ、ベティコ。バルサは強い。
続く14分には匠イニ坊のパスをエトーが頭でどーん!むははー!それみろ、ベティコ。バルサは強い。わずか14分で0-2だ!

ということで、ここまでです。(大粒の涙)
その後も匠イニ坊のミドルとか、自陣に下がってエトーも得意のインターセプトに余念がないなとか、ザンビーもエリア内まで疾走して来るぞとか、いろいろありましたが、ボールポゼッション70%の怒濤の攻撃は20分までです。無理をしない小康状態に入ってからは、えっと、32分に、ぼやんちゃんから男アビダル、エトーと、ステキなつなぎはありましたが、えっと、そんくらいか。
それでもまだ勝てると思い込んでました。だって0-2だもん、圧倒的な強さであることに変わりはない、と。

問題は後半っす。ベティスはオドンコールとソビスを入れます。わかりやすい。あまりに明確な意思表示っすね、追いつき追い越すと言葉で言ったよーなもんだ。
例の仕掛け花火ジェネレータ"ライカールト"と入れても"フランクライカールト"と入れてもと恐ろしい罠が待っているうちの監督とは違いました。ちなみに"フランクリンライカールト"ではさらなる罠が。(ふるえながら)
"フランシスコチャパッロ"も入れてみてください。驚愕の真実が・・・(本当にふるえながら)

ということで、ぼやんちゃんを下げてジオバニを投入したとたんに、17分、男バルデスの真ん前からエドゥさんが完璧すぎて感動するヘッド、1-2。
何度言ったら聞いてくれるんだライカー、ぼやんちゃんを下げるな。おまえ、うかうかしすぎ。
バルサゴール前はオドンコールを中心にてんやわんやで、2つのPKを許してもらったあげくの果てに3つ目はさすがに笛が鳴りましたね。エドゥのPKは男バルデスが男らしく止めました。が、ほらな、そーゆーのの直後があぶねぇ。30分、スローインからファニートが胸トラップしてボレーをぼかん、2-2。ややちんが止めようと飛んだけど、だめだった。
バルサは為す術もありません(泣)。もう集中力はどこかへ行ってしまいましたね。
こーゆーピンチのときにだけなぜか投入されてしまうかわいそうなグッディです。狙われまくりのややちんと交代。でも、何もできなくなっているチームに放り込まれたって、どーにもならん。
33分、エドゥとちゅらさんが1対1です。下がるなちゅらさん、エドゥを止めろって祈ったけど、負けてしまいました。決められちゃった。3-2でさるお号泣。

もっと早く、チャパロが動いてすぐに何かすべきだったのではねーですか、"恐ろしい罠"そのまんまのライカー。うかうか眺めてないで、策を練って、耐えて、奮起して、もっとおまえが必死になれや。逆転されたゲームで、うかうかしたのが点を獲られる原因なのわかってんだろうに、交代のカードは結局2枚しか切ってません。泣いてないで、何かしろ。みんな応援してるんだぞ。

後半のベティスはまるで別人。非の打ち所のないすげー強さっす。おどろいた。
これがフットボール。
なんでおまえら13位なんだ。

白組の勝ち点65、黄色組の勝ち点は59、バルサは58。どぼちよう。

このまま終わるな。なりふりかまわず死に物狂いでやってるところを見せてくれ。

ところで、ほんとに強いビジャレアルですが、04-05ピチーチのフォルランがエル・マドリガルに立っているところを観てたら(ビセンテ・カルデロンでは出られなかったっすねー)、移籍って皮肉だらけだなぁとあらためて思いましたね。古巣は優勝狙える勢いっすからね。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 00:25| Comment(8) | TrackBack(5) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

Liga 07-08 第29節 バルサバジャドリー

さるおです。
コパ・デル・レイはもう、準決勝で敗退するというのが恒例になってまいりましたよ。
3失点て。4点獲るなら文句ねぇ。でも2点でしたね。負けましたね。はぁ。ほんとにどこまで勝負弱いんだか。
今のバレンシアはバルサ以上に火の車なはず。内側の雰囲気も悪いはずだしな。クーマンなんてふらんくりん以上に崖っぷち。
なのに、"バレンシアよりマシ"なバルサは負けました。
でも、負けたということは、バレンシアさんはとても強いということで、やっつけろ、マドリーを、と声に出すと例の呪いが効かなくなるので心の中で思っていました。
むははー。2-3でバレンシア。

で、バルサバジャドリーは4-1快勝!
白い人たちとの差は4、黄色い人たちとの差は2です。
まだいける。バルサが獲る。最後の最後まで、こうなったら泥試合だ。
快勝っつってもまぁ、4-4ぐらいのゲームでしたが(爆)。
2分と4分の逃したビッグチャンスの後、24分、ぼやんちゃんが左サイドからクロス!よっしゃ、来い、エトーの右足!うりゃぁーっ!ということで先制。
ちゅらさんとジョレンテが競ってたらわけのわからない笛を吹かれてPKなんか献上してしまい、ホナタン・セスマに決められて追いつかれたら、なんかしらんけど静かになってしまったバルサ。バジャドリーにまた持っていかれちゃうのかと思いましたが、後半はまたがんばりましたよ。
ヘルニア明けで戻ってきたややちんの浮き球パスをぼやんちゃんがポストプレーで白い悪魔へ!悪魔が2列目から呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン。で2-1。イニ坊のボールコントロールはうますぎる。
さらに後半17分、ぼやんちゃんがこぼれ球を押し込んで3-1。38分にはエトーからのパスを、またまたぼやんちゃん。
"レオの代わりはいない"ことは事実ですが、レオの不在を埋めて余りが出そうなぼやんちゃん。おまえすげー。

イニ坊がゴールしたよ、すげーよ、かっこええよ、やっぱおまえは白い悪魔だよ、とコーフン状態でふらふらと出かけたら、すごいラーメン屋を見つけましたよ。

匠イニ坊.jpg

その名も"匠イニ坊"。ここのご主人はバルセロニスタにちがいない。だって、たくみいにぼうだもん。おいしかったですね。

ベルナベウ・クラシコの日、先に並んでカンペオンを迎える、そんな屈辱を味わってたまるか。
さぁ今日も、特に絶不調の白い人たちとほんとは大好きな黄色いよい子たちを陥れておこうと思います。
いやー、つよい。まどりはつよい。つよいなぁ、ほんとつよい、つよいつよい。
おらが村も、つよい。つよいなぁ、つよい、つよいつよい。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 02:20| Comment(2) | TrackBack(6) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

Liga 07-08 第28節 アルメリアバルサ

さるおです。
やったぜデポルチボ(=やったぜバルサ)!リーガはもらった!
と今思えばまことに浅はかなコーフン状態で、バルサを応援しましたが、2-2ドローでまた2ポイントを落としましたYO!
強豪を破りまくっているアルメリアさんは強かった。
そしてバルサは弱かった。
セットプレーで点が獲れる vs セットプレーはどーにもならん、そーゆーのは好きじゃない。けどまぁセットプレーもなんとかしろー。
ぼやんちゃん、エトー、ティティ、シャビとかイニ坊とかグッディとか、がんばってましたが。
ロニ子の仮病疑惑もただの二日酔いなんじゃねーかとさらに深まり、号泣です。こんな弱いバルサを観ているのは苦しい。ま、CL獲った年だって、強かったわけじゃねーけど。
怪我人続出で、ややちんはチームに合流したらしいけどどーなのか、デコもラファもレオもだし、ジオバニもしばらく戻ってこないし、いちおうロニ子もあれだし、イニ坊とミリート弟とザンビーは次いねーし。

2位も、あれです、あれ。先週カンプ・ノウを沈めてくださったおらが村の黄色い人たちにあれされて、あれですよ。

あーあ、デコに会いたいなぁ。敵をすっ転ばしては謝りまくる、"いいときのデコ"に会いたい。その言い訳でいらぬ黄札をもらったりなんかする、"いいときのデコ"に会いたい。勝者のメンタリティだけががっつり詰まったデコに。

謝るデコ.jpg こんな感じに

ゲルゼンキルヘンに間に合ってくれー。無理されても困るけど。

2位もあれだと怯えつつ、あきらめねぇ。
いやー、つよい。まどりはつよい。つよいなぁ、ほんとつよい、つよいつよい。
おらが村も、つよい。つよいなぁ、つよい、つよいつよい。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 12:35| Comment(4) | TrackBack(2) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

Liga 07-08 第27節 バルサビジャレアル

さるおです。
おまえら、いったいどこまで勝負弱いんだ。
カンプ・ノウで1-2て。
またまたシャビのお世話になったのに。
レオのために勝つって言ったじゃねーか。
デコは試合直前に怪我らしいし。
攻めたけど、攻めたけどさ、ちゃんとボールは持ってたけど、何かが噛み合ってない。
ふらんくりんを筆頭に、テクニコのおまえら、なんとかしろ。

悲しみのあまりポエムのようになってしまいました。
タイトルは『テクニコのおまえらなんとかしろ』です。
マドリさんのおかげでしたけど、2ポイント差とかんなって元気出てさ、楽しかったです。
(泣きながら)

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 21:40| Comment(6) | TrackBack(8) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

Liga 07-08 第26節 アトレチコバルサ、というか、ふらんくりーん!

さるおです。
もう気分的には、すっかり追いつきましたよ。
とまったく意味をなさない夢を語ってしまった25節。
ええ、ええ、負けましたとも。4-2惨敗。さるおが褒めたから。(またおまえか)
もう、とにかくいきなりマドリさんを呪って褒めておこうと思います。
いやー、つよい。まどりはつよい。つよいなぁ、ほんとつよい、つよいつよい。(ふるえながら)

なんか現地でも批判されたりしてるみたいっすけど、さるおもちょっと、今節のライカールト式ローテーションは気に入らねぇ。
CLがあるから、そっちもやらなきゃって思うのはわかる。けど、1戦目、セルティックパークで勝ったじゃんか。次はじぶんちでやるんだろ。
それより今はリーガじゃねーのか。2ポイント差の2位。今追いつかなかったらいつ追いつく気だい?リーガ、獲るんじゃねーのかよ。

今のバルサで縦方向にドリブル突破できるのはレオとぼやんちゃんだけだと思います。そいつらを出せや。苦手の筆頭アトレチコが相手、舞台はビセンテ・カルデロン、そもそもが絶好調でも負けそうなんです(爆)。バルサキラーの称号をトーレスからきっちり受け継いだアグエロさんはめっぽうこわいっす。大好きだけど。
エトーとロニ子とティティ。いいけど、3人ともすごいけど、3人とも好きだけど、なんちゅーか、そーじゃねーだろふらんくりん。案の定、さるおがいくらDFの裏に走ってけとか応援しても、だめぽ。いや、エトーもグッディも惜しかったんだけどさ。
ロニ子の先制はすごすぎるゴラッソ出たーっ!と思いました。シャビのクロスから決まったオーバーヘッドっす。すげーよかったけどな、ここまでは(泣)。
前が走らないからパスの出しどころがない中央、中央からボールが供給されないから走れない前。えーん。だめぽ。
で、レオをベンチに置いたふらんくりん、"肉離れしたらやだから"て、そりゃやだけど、肉離れしそうな何かがあるなら、逆転されてきつくなったからって出すなや。
エジやんもなぁ、守備のみなさんもなぁ。
追いつく気まんまんだっただけに、ぐったりっす。

首都の巨人に対抗する首都の反対勢力アトレチコ。そこにやられたということで、もう、次節誰を応援すればいいのか、すげーはっきりしてますよ。
例の呪いをかけつつも。
バルセロナのライバル、エスパニョール、おまえら絶対勝て。絶対だぞ。(またしても得意の他力本願)

ピチーチ・レースの状況を見ても、なんか今節は異様っすね。
最後の数字は、得点/出場試合数。

1位 ルイス・ファビアーノ(セビージャ現7位) 19/19
2位 ミリート兄(サラゴサ現17位)14/26
3位 ジョレンテ (バジャドリー現13位)13/25
4位 ファン・ニステルローイ(R・マドリー現1位)12/21
4位 ラウル(R・マドリー現1位)12/26
4位 グイサ(マジョルカ現12位)12/25
7位 フォルラン(A・マドリー現4位)11/24
7位 アグエロ(A・マドリー現4位)11/25 ←この18歳にやられました
7位 ニハト(ビジャレアル現3位)11/22
10位 エドゥ(ベティス現11位)10/23
10位 ロビーニョ(R・マドリー現1位)10/22
10位 オリヴェイラ(サラゴサ現17位)10/25
10位 ロッシ(ビジャレアル現3位)10/18
10位 タムード(エスパニョール現5位)10/18
10位 カヌーテ(セビージャ現7位)10/19
16位 サミュエル・エトー(バルセロナ現2位)9/8
16位 リオネル・メッシ(バルセロナ現2位)9/22
16位 ルイス・ガルシア(エスパニョール現5位)9/25
16位 ネグレド(アルメリア現8位)9/24

バルサよもっと上に行け、と思いますが、あーだこーだと分析(あーだこーだと愚痴)したくなるまえに、褒めるべき人を褒めておこうと思いますね。
ルイス・ファビアーノとうちのサムはすげーぞと。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 23:18| Comment(9) | TrackBack(7) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

Liga 07-08 第25節 バルサレバンテ 5-1!

さるおです。
お給料もろくにもらっていない倒産寸前のレバンテ社員(涙)に勝った!ということで、よろこんでいいのか憂いたほうがいいのか、かなりキワドイ感じです。が、メレンゲ痛恨のずっこけにより白組と仲のいいはずのヘタフェさんのふんばりによりベルナベウ陥落、リーガがやっとおもしろくなってきたということで、ひゃっほーい!
もう気分的には、すっかり追いつきましたよ(早)。

後ろから見ている男バルデスには見分けのつかないプジョルとミリート弟が中央。(バルデス、背番号くらい覚えろ)
戻ってきたシウビーニョをザンブロッタで左右。
ややちんを底にイニ坊とシャビ。そしてやっと、やっとここまできた、ロニ子、エトー、レオ。

えっと、とにかく2分おきにかならず何か起きてます。すげー。
イニ坊のオフサイドにはじまり、右のレオが抜け出してどーんとライン際から折り返したり、バルサ絶好調っす。
13分、ボールは左のイニ坊から中のエトーへ。エトーさんがぶっ潰されたところに右からちゃんと来てくれるシャビがどっかーんと先制点です!やたーっ!
15分、今度は右のエトーから中のイニ坊へ。合わなかったボールをロニ子がひろってぼかーんと、これはあらぬほうへ飛んでっちゃいましたが、猛攻は止まりません。猟師みたいなシウビーニョのオーバーラップからエトーへクロスボールが上がる。シウビーニョがばんばん上がってくる、これがバルサなんだ。プジョルもばんばん上がってクロスを放り込む。
26分にはファンマがドリブル突破でシュートですが、これはゆるゆるとポストに当たっただけでした。続くアレクサンドレ・ヘイホのヘッドはオフサイド。リガ・ムスタファが飛び出してきて、このへんは勢いありますね。
シャビとダビド・カステードも勝負してっし。
イニ坊とシウビーニョのコンビネーションからシウビーニョもシュートっす。
34分のリガのオフサイドに続く2分後、ザンビーとエトーが同時にゴールに襲いかかります。その2分後にはロニ子のクロスにエトーがヘッド!
さらに2分後、リガ対ザンビーのバトルっす。思わず露骨に手が出てしまうジャンルカ先生、そのすぐ後のリガはハンドじゃなくて肩かな。とにかくPK を献上してしまいました。蹴るのはリガさん、ここで1-1っす。
でもへいちゃら。43分、いろんなひとが集まってきてどつかれまくり、起きては転ばされ、また起きては転ばされ続けるレオ様ですが、ボールだけはなぜか絶対に渡さず、なんだかんだでレオったらありえないようなコースを狙って追いついてしまいましたよ。2-1です、すんばらしい!"なんだかんだ"の間にレオに踵でボールを供給することになったシャビ、レオがどう動くか、きっちり読んでるなぁ。おまえもすんばらしい!
楽しいっすね。
これだけでも楽しいのに、後半なんかエトーのハットトリックだYO!ふんがー。

後半10分、レオが左から中へドリブル。レバンテのよい子たちが釣られて空いたスペースへやってくるエトーとボール。あはは、もらった。
そこから7分、ややちんからのフィードは右から走り込んできたレオへぴたりっす。こわいからGKが出てくると、すかさずとなりのエトーへバトンタッチで、無人のゴールへぼかんですわー。美しい。すんばらしい。もう優勝だ(早)。
ロニ子はぼやんちゃんと、レオはジオバニと交代。
41分、カノウ・ノウの中心に立つイニ坊から右に大きくフィード。レバンテのよい子に体当たりをかわしながらぼやんちゃんがエトーにパス。サムエル、ずっこけたのかと思いましたが、ボールはころころとゴールへ。むははー。カメラマンさんからカメラを借りてぼやんちゃんとプジョルさんの記念撮影などもしてみたり、エトーも楽しそう。

宿敵アトレチコとはビセンテ・カルデロンでやらなきゃいけないし、バレンシアともやるし(コパ)、そん次はカーサだけどおらが村が相手だし、すんすけもおるし、かなり過酷ですけど、忙しいなぁなんて言ってるうちに気がつけば余裕で首位に立っているだろうということで、みなさんどうもありがとうございます。

あ、そうだ、呪わなきゃ褒めなきゃ。
いやー、つよい。まどりはつよい。つよいなぁ、ほんとつよい、つよいつよい。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 11:58| Comment(2) | TrackBack(5) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

Liga 07-08 第24節 サラゴサバルサ、ミリート兄弟対決!プジョル待ってたぜ!というか、ベティス様様

さるおです。
ありがとう、エドゥ。ありがとう、マルク・ゴンザレス。逆転勝ちなんてかっこええ。ありがとう、ベティス。

バルサは勝ちましたよ。
デコがいれば、バルサは勝つ。(大活躍とは言えませんが)
前半34分、けっこう後ろのほうからさるおのデコがスルーパス。ティティがよく見ると手で完璧すぎるトラップ、そのままボレーでぼっかーん!
43分、オリベイラに献上したPKですが、ミリート兄の蹴ったボールはクロスバーの上へ。

後半8分はオリベイラの同点ゴール。
38分にファンフランがハンドとられましたけど、えっと、審判さんがよく見てしまったということで、なんちゅーか、物議を醸し出すのもしょーがねーなぁ。ほんでこれはロニ子が決めてくださって、1-2です。微妙な判定にたすけられてって、そーゆーのは嫌なんですけど。

しかしまぁサラゴサのみなさん、レオのことは完封しましたね。びっくらこけました。何もできねぇ。
バルサの守備のよい子たちは、ミリート弟も男アビダルもけっこうがんばりました。立ち上がりとか、後半21分とか、いろいろあぶなかったけど。下がらないで前のほうでふんばった。プジョルも走りまくってっし。エジやんもね、まぁまぁ、凄まじいブーイングを浴びるややちんと交代したけど、まぁまぁ。ラファも前のほう行ったり、オリベイラの足をぎゅうぎゅう伸ばしてあげたしな。
あーぁ、もっとグッディ使ってくんないかなー。

ところで、リカルド・オリベイラ、元気っすねー。止められなかったもんなぁ、ファール抜きには。
さるおはこの人が好きです。
ベティスも勝ったし(もう関係ないですから)。ありがとう、オリベイラ(それ昔の話ですから)。

?I?????F?C??.png

白組め、先週7点もまとめ獲りしなければ今週に1点くらいまわせただろうに、だから少しは遠慮しろって言ったじゃないか、ざまーみろ、こうなったらデッドヒートの末に追い越してやる、ふんがー、と強く心に決めておいて、また呪う褒める。あんたらは強いぞ。

ということで、バルサは、早くエトーよ戻ってこい。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 23:46| Comment(8) | TrackBack(8) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

Liga 07-08 第23節 セビージャバルサ

さるおです。
なんかもう、いつもいつもシャビにたすけていただいて、まことに恐縮はございますが、ドローだZE!(号泣)
前半始めの4分くらいはかっこよかったっす。あとは時間とともにどんどん押され、気がつけばあたふたと守るだけのバルサですよ。ということは前のほうもばんばん走れんし。しかもけっこう早い時間にミリート弟が黄札て(涙)。
ふんばったのは男バルデス。1-0で折り返せたのはおまえのおかげ。
そして、1-0で折り返してしまったのは、おまえのおかげさまだ、オレゲール。(脱力)

ディエゴ・カペルはものすごかったですね。かっこよかったですね。つくづく、バルサのカンテラはすげー。(←本当に泣きながら)
カヌーテもすげーし。ダニエウ・アウベスもいつもの怖い顔でかっこよかったですよ。黄札はかわいそうだったなぁ。(遠い目)

フィードなんかぜんぜんできてないわけですが、んまぁべつにエジやんを責める気はないです、そんなに。どこにいるのかよくわかんなかったし(爆)。
で、後半開始とともにエジやんと交代したのがロニ子で、ロニ子が中盤の底なわけないので、ロニ子が前に出て白い悪魔とシャビがまぁいわゆるWボランチて、それはどーなんだ。三角形が逆さまんなってますよ、フランクりん。
同時に後ろ中央のちゅらさんミリートがラファミリートになるわけです。
もういいや、後ろはミリート弟、おまえにまかせた。黄札が3枚目になろうが4枚目になろうが(笑)、おまえなんとかしろと。ラファのCBは好きだけど、メキシコの3バックのセンターにいる姿は好きだけど、でも、弟よ、後はおまえがひとりでなんとかしとけ。ラファにフィードを、ラファにフィードを。
ついでに、ダニさんが自由気ままに動いているということは、男アビダル、おまえもしっかりしてくれ。というか、後ろはミリート弟、とにかくおまえにまかせた。黄札が5枚目になろうが6枚目になろうが(笑)。アビダルとヒゲはいないと思え。

で、ティティに代わってグッディが入るわけですが、ティティは怪我ですか(泣)。
知らんうちに怪我人続出。プジョルとザンビーの待つリハビリの国へ、ヒゲ、おまえも逆戻りか。
アフリカ杯決勝ではエトーも怪我したし(泣)。

で、それはそれとして、まぁまたしてもシャビですよ。
レオがケイタを追い出してくれて(笑)、相手が減ってからやっとすこーし元気が出たバルサですが、もう、なんつーか、おまえら、しっかりしろ。
レオを抑えられると何もできないバルサ。
こないだ久々に"守備をするロニ子"というものを見てその調子でがんばれや、と思ったのに、ロニ子、FKくらいどーにかしろな。
もう、まずいっす。1点稼いだんじゃねーぞ。2点落としたんだからな。
でも、とりあえず悔しいので泣きながら偏見を吠えておく。バルサはデコがいれば勝つ。

セビージャさんって強くてかっこええよね。(泣きながら)
白組も、ひたすら強いよね。さるおが"ホンモノの天才"だと思っているミスド絶好調。7点て、少しは遠慮しろと思うくらいに、強すぎるよね。(例の呪い)

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 23:54| Comment(8) | TrackBack(5) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

Liga 07-08 第22節 バルサオサスナ 逆ジンクスを開発しました

さるおです。
「さるおが試合を観てバルサを応援していなければバルサは勝つ」というまさかのジンクスを逆手にとった、逆ジンクスを開発しました。
題して「マドリさんを褒めるとマドリさんは負ける」!
ほとんど呪いですよ(爆)。
先週、このように呪いをかけたら褒めたら、負けましたよ。ひゃっほーい!

マドリさんって強いですよね。ちゃんとプレスかけまくって、みんなで攻めて、みんなで守って、決めるとこで決めて、あんたらすごいぜ。

ライバルが負けて喜ぶという、大人げないにほどがありますが、とにかく嬉しいっす。アルメリアさん、あんたら大将。ド根性でプレスをかけまくり、猛攻を凌ぎ続けたあの姿には感動しました。
2-0っすからね、もう、白組ったら弱いんだからぁー。(糠喜びにならないことを祈りつつ)

でも同時に、おまえら今節勝てないんならもうリーガは終わりだと、そーゆー厳しい気持ちになるわけです。(バルサのよい子たちはアルメリアのよい子たちの爪の垢でも煎じて飲め)
デコが元気なのが嬉しかったっす。前半終了間際は惚れましたよ。
どしゃ降りになったところでデコと入れ替わりにピッチに入るシャビ。残り2分、ジオバニが右前方で折り返したボールをイニ坊がぼかん。こぼれ球をシャビが強烈に美しくぼっかーんですよ。そしてその瞬間、雨は止みました。シャビ、バルサを救ったぞ。あんたが大将!
救世主をなぎ倒して祝福する白い悪魔。こーゆーシーン見せてもらうの久々な気がするなぁ。
押してるのに点が獲れなくて折り返し、こんなに待たされるともう覚悟しますね、引き分けを。

6ポイント差になったということで、とりあえず、プジョルよ、おまえが戻ってくる頃には逆転首位だぜ、と強気すぎてあり得ないことを宣言しておこうと思います。えっと、ジョルケラさんもがんばれな、留守はピント(セルタ)が守っといてやるからな。デコは酒飲んでクルマでうち帰れ。ド根性だ。

白組が勝ち続けるなんてあり得ない。どっかでまだまだポロリするはずです。
バルサは勝ち続けろ。でないと追いつきようがないから。

そうそう、ぼやんちゃんはスゲーですよ!スペイン代表入りっす。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 22:30| Comment(12) | TrackBack(7) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

Liga 07-08 第21節 ビルバオバルサ

さるおです。
前半におしっこしたのに、後半にひっかけられて、結局サン・マメスでおしっこならず。(もう何を書いているのかわかりません)

前半、ビルバオさんは守備がんばってました。開始から20分くらいはビルバオさんペースだったしな、パスなんかぜんぜん回らないし、なんとなくボール持ってるうちに獲られちゃうし、バルサは元気なかった。SBのオーバーラップがちょっとできたのは20分からしばらくの間で、とりあえず点獲りに行けよっちゅーことで35分、イニ坊のフィードをレオがぼかん、こぼれたのをデコが繋いで右から切れ込んできたぼやんちゃんのゴール、ワンタッチでね、うまかったっす。
後半は立ち上がりだけ、レオとぼやんちゃんとティティがビルバオゴール前までボール持って行ったけど決めきれず、その後はビルバオの攻撃を浴び続け、ビクトリーな男が奇跡を起こし続け、んでまぁ、後半34分、いつもの(笑)バルデスのいつもの(笑)"妙に短いゴールキック"を獲られて右サイドから攻め込まれてなんだかんだでジョレンテですわー。

バルサは勝ち続けなければならない状況っすから、"2ポイントを落とした"わけで、もう、あれかな、リーガは。で、死に物狂いでCL。
おまえら、ちゃんと死に物狂いでやれな。特に前のほう、ボール持ってなくても走って走って動き続けてマークを外せな。
負けるのはいいんだよ。みっともないのが嫌なんだ。(負けるのはぜんぜんよくないですが)
ピッチもベンチも絢爛豪華なんだろ。
ぼやんちゃんがせっかくすごいの決めたんだぞ。勝て。
はーぁ、ミリートを出せとか、シャビとグッディの交代はこの場合よかったのかなとか、まぁベンチでの奇行が目立つフランクリンには聞きたいことが山ほどあるざんす。

ということで、ぐったりしつつ、マドリさんって強いですよね。(素直)
ちゃんとプレスかけまくって、みんなで攻めて、みんなで守って、決めるとこで決めて、あんたらすごいぜ。(号泣)

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 22:59| Comment(4) | TrackBack(4) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

Liga 07-08 第20節 バルサラシンとまたしてもバレンシアさんの心配

さるおです。
こないだコパ・デル・レイでマジョルカのイバガサさんが白組を嘲笑うかのようなループシュートを決めてくださって、もうこれでおまえらヘコんだだろと、自信喪失しただろと、おまえらシーズン後半は連敗だぜと、とっても明るい期待を抱いていたのに、えっと、ぜんぜん7ポイント差が縮まりません(汗)。モッタちゃんのアトレチコに勝ってほしかったのにー。

とにかくバルサは勝ち続けるしかない。たとえばバルサが7ポイント差をつけて1位のときっちゅーのはもう、ものすごい余裕を感じるわけですよ、"あと2回負けられる"みたいな、なぜか非常にいやらしくてくだらない余裕を(笑)。だからもちろん追うときの7ポイントは果てしないってわかってるんですが。いやー、縮まらんね。
バルサはラシンさんとです。ティティがぱんつをなぜか内側からぎゅっぎゅっとわきの下ぐらいまで上げたのが30分で、1-0です。
エトーの留守はティティと若者で3トップっすね。レオも戻ってきてよかった。(クラシコにいてくれれば、という禁句)
さるお的にはひたすら、デコのスタメン復帰が嬉しいわけです。ティティのぱんつが上がったのもデコのFKから。みんなぴょんぴょん跳んでますがなぜか誰も触れていないボールにニアのティティの頭だけが触りましたよ。

で、もちっとドラマチックなのが観たいなぁと思っていたら、ビジャレアルバレンシアで泣けました。さるおはどっちも好きで、おらが村のみなさんCLでまた暴れようぜとかも思ってて、勝ってくれたのはいいんですが、3-0でしかも1点目なんて早い早い!スタジアムの熱狂と、瀕死のバレンシアの対比があまりに苦しくて、涙出た。
為す術のないバレンシア、選手が足りないバレンシア、火の車のバレンシア、ビジャがまったく前を向けずに後ろへ後ろへパスを出しまくるというありえないバレンシア。どうしよう。
おらが村の黄色いみなさんにはこの勢いで来週ベルナベウを陥落させてほしいと強く思います。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 23:42| Comment(2) | TrackBack(5) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。