2006年02月04日

いつかやるだろう、誰かがやるだろう、と思っていた映画

さるおです。
携帯電話内蔵カメラだけを使って撮影した長編の劇場映画『SMS SUGAR MAN/SMSシュガーマン』が南アフリカで今年中に公開されるんだってー。すごい、世界初!いつか誰かがやるだろうと思っていた初挑戦。
監督は南アの映像作家アリアン・カガノフ(Aryan Kaganof)、ご自身もSUGAR MAN役で出演している。

smssugarman.jpg

ヨハネスブルグの売春斡旋人"シュガーマン"と高級娼婦たち物語。クルマで移動するシュガーマンと彼女らをつなぐのは携帯電話。クリスマスイブの夜、まずい事件が起きるみたいです。
サスペンスっぽい感じかな。
アリアン・カガノフは「娼婦たちとシュガーマンは、携帯電話を命綱のようにしてつながっている」と説明しています。

http://smssugarman.com/

2005年12月、11日間で撮影した作品で、南アの低予算映画の相場600万ランド(ZAR)(約11.400万円)をはるかに下回る、100万ランドで仕上げたらしい。そりゃ安かろうて。

これはさすがに、祈るような気持ちでレンタルを待つしかないか。興行がいい感じなら、単館上映・・・無理かね。携帯電話向けに配信予定らしいですけど、さるお、携帯電話持ってません。(えーっ!戦慄)
PHSなら持ってます。(必死)
観たいぞ。ドキュメンタリー風の臨場感がありそうでござる。

心ゆくまでさるお、もんち!

2006年01月31日

6.6.06 DAMIEN THORN'S DAY WILL COME.

さるおです。
ぐぉぉぉ!こえぇ。ついに『The Omen 666』の予告編登場。
すげー静かですねぇ。キーコ、キーコ、いってるだけです。
奥行きのある映像ですねぇ。High Defはすごいっす。怖さ倍増。

http://www.apple.com/trailers/fox/theomen/

シェイマス・デイヴィ-フィッツパトリック(Seamus Davey-Fitzpatrick)君。やっぱ、か、か、可愛いです。
最近ここ、悪魔だらけなんすけど(涙)、とにかくダミアン・ソーンが帰ってきました。

心ゆくまでさるお、もんち!

2006年01月13日

ハリポタのダンブルドア校長のルーツ『ベーオウルフ』が映画化!予告編が公開されたよ

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めてアルバス・パーシバル・ウルフリック・ブライアン・ダンブルドア校長を紹介しました。

アルバス(Albus)はラテン語で白い(white)という意味で、"善"の象徴。
ダンブルドア(Dumbledore)はホグワーツ城内を歩き回りながらいつも鼻歌を歌っている様子を"bumblebee"(マルハナバチ)にたとえた名前。
ミドルネームのパーシバル(Percival)は聖杯をいただいたアーサー王の騎士の名前、ブライアン(Brian)はケルト語派の名前で強いっていう意味。

ほんでもって、風変わりなウルフリック(Wulfric)っていう名前についても書いたんだよね。
これはダンブルドア校長が、昔、グリンデルワルド(Grindelwald)っていうワルモノを倒したことに由来する。
グリンデルワルドは、(中世イギリスと分類されることが多いですが)8世紀ノルウェーの叙事詩『ベーオウルフ』(Beowulf)に登場する怪物の名前グレンデル(Grendel)と、森っていう意味のワルド(Wald)をたした名前で、この叙事詩に登場するベーオウルフは怪物グレンデルを倒す主人公のヒーロー。ベーオウルフは分解するとBEO=powerful bear(強い熊)とWULF=wolf(狼)になって、こりゃ強そうだ。
ダンブルドアの名前はこのヒーロー・ベーオウルフからとったもので、ウルフリック(Wulfric)は分解するとWULF=wolfとRIC=power ruleに分かれる。"狼+支配する者"という感じでかっこええんでござる。
と、そう書きました。

その、叙事詩『ベーオウルフ』(Beowulf)が映画になった!
『ベーオウルフ』が影響を与えたのは、J.R.R.トールキンの『指輪物語』だけじゃないぜ(笑)。

その名も『BEOWULF AND GRENDEL』、監督はどちらかというと主にTVで活躍しているアイスランド人のストゥーラ・グンナーソン(Sturla Gunnarsson)、出演はベーオウルフ役に『THE PHANTOM OF THE OPERA/オペラ座の怪人』のジェラルド・バトラー(Gerard Butler)です。さるおが大好きな"心に愛とピストルを!"の『KISS KISS [BANG BANG]/キス★キス★バン★バン』でかわいすぎる殺し屋だったステラン・スカルスガルド(Stellan Skarsgard)も出ているぜ!
(他の出演者情報はこちら
ロバート・ゼメキス(Robert Zemeckis)も狙っていた同名の企画はこれですか?とにかくね、ロバート君が『HOUSE OF WAX/蝋人形の館』(リメイク作品)に夢中になっているうちに、先を越されてしまった(笑)。

予告編はこちらで観てね。
http://www.beowulfandgrendel.com/

子は父の復讐を誓い、王は民を救わねばならず、ヒーローは宿命を完結させねばならない!なんつって、ものものしい感じ。

余談ですけど、スイスにグリンデルワルドっていう地名があります。高山植物の背の低いお花がいっぱいで、アルプスの少女ハイジがいるなぁ〜と本当に思ってしまいそうな、すっごくキレイな、巨大なお花畑みたいなところだよ。

心ゆくまでさるお、もんち!

さるおの日"111"に対抗する闇の勢力、発見! 666の日に『The Omen 666』でダミアン・ソーンが帰ってくる!

さるおです。
2006年6月6日に『オーメン』シリーズ最新(リメイク)作『The Omen 666』が全米公開でござる。わぉ、観たい。ニッポンでもちゃんとやってください。
昔のダミアンはハーヴェイ・スティーブンス(Harvey Stephens)、1970年11月12日生まれで当時6歳。

olddamian.jpg

こわかわいい(笑)。今は35歳、フツーのビジネスマンで結婚して娘さんがいます。

そしてさるおに対抗する闇の勢力・新ダミアンの画像がついに公開されたぞ。

newdamian.jpg

シェイマス・デイヴィ-フィッツパトリック(Seamus Davey-Fitzpatrick)君。か、かわいいじゃねーか・・・いや、案外こわいかも。さるお戦慄。
戦え、さるお、闇のライバルを葬り去れ!奮い立て、さるお、悪魔を倒せーっ!
まさかの息切れ。勝ち目なし。

「666はダミアンの日」だね!

心ゆくまでさるお、もんち!

2005年12月15日

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』キャストはここまで決まっている!

さるおです。
スーパーポッタリアンさるおハリポタ第6弾の映画『HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX/ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』のキャストが気になって気になって夜も眠れん(観察によれば、余裕で眠ってるらしいYO!)。

監督は、10月の段階でワーナーから「おめぇ、はりぽたの監督やったらどしたい?」と栃木弁で口説かれた(んなわきゃない)ジャン=ピエール・ジュネ(Jean-Pierre Jeunet)さん(最近だと『AMELIE FROM MONTMARTRE/アメリ』とか『A VERY LONG ENGAGEMENT/ロングエンゲージメント』とか、あとなぜか『ALIEN 4/エイリアン4』なんかも撮ったおじさん。さるおが好きなのは『DELICATESSEN/デリカテッセン』とか『LA CITE DES ENFANTS PERDUS/ロスト・チルドレン』とかで、まぁダーク・ファンタジー畑出身のフランスのおじさんです。)かと思いきや、日本では無名に近い、デヴィッド・イェーツ(David Yates)さん。

ほんで、今キャスト(候補または噂)として名前があがっているのがこの人たち。

続きはココだYO!

2005年12月14日

今、くつがえるヒーローの常識!カブキマン復活か?

さるおです。
さるおがひっくりかえった。
ナムコとギャガってゆー想像を超えるコンビが生み出してしまった1990年の『カブキマン/SERGEANT KABUKIMAN N.Y.P.D.』というほとんどの方にお薦めできない(笑)モーレツにダメな香りの愛すべき日米合作映画を知ってるかい?
知らないほうが身のためですが、知っているかわいそうなあなたに朗報!な、なんと続編ができるという、力の抜ける噂がぁ〜!
B級カルト・ムービーと言えば聞こえはいいが(どこが)、目もあてられない、このようなお話でござる。

日本人一家惨殺の捜査をしていたニューヨーク市警の刑事が、老歌舞伎役者の力により無敵のヒーロー・カブキマンに変身。行け、カブキマン!必殺技の日本刀と下駄と割り箸と海苔とワサビで悪と戦え!

かぶきまん.jpg

こ、これの続編ですか?
勇気あんな、おそるべしトロマ。(米国のインディ系の映画プロダクション)

ヒーローの常識が何だかわからなくなるほどに、圧倒的にズレまくったニッポン観がなんとなく昇華し(てしまっ)た、製作者側の意図をはるかに超えた間違った笑いの世界へようこそ。

心ゆくまでさるお、もんち!

2006年夏公開!「マイアミ・バイス!」と叫びながら予告編を観てください

さるおです。
超かっこええコリン・ファレル(Colin Farrell)とオスカー俳優ジェイミー・フォックス(Jamie Foxx)の新たなる特捜刑事『MIAMI VICE/マイアミ・バイス』が2006年夏公開!予告編はこちらからどうぞ。

miamivice.jpg

http://www.miamivice.com/

予告を観るとね、映像的に、マイケル・マン(Michael Mann)らしさ炸裂。
さるお、大コーフン!

薬物治療が忙しかったり、ディエゴ・マラドーナとチューしたり、衝撃的なコリンですが、どうかよろしくお願いします(笑)。なんかもう、さるお、大コーフン。

心ゆくまでさるお、もんち!

2005年10月31日

またしても涙が出るすごすぎる噂

さるおです。
すごすぎる噂 ちょっと涙出ましたねの続きのような噂です。
こないだ決まった衝撃の『ROCKY 6』(特攻野郎ミスターT復活祈願エントリー Mr. T Returns in Rocky 6, Oh yeah baby!)に引き続き、悲願の『RANBO 4』までやる気まんまんのシルヴェスター・スタローン(Sylvester Stallone)!
アメリカに戻って静かにしていたけど、少女が行方不明になったので、正義を取り戻すための過酷な戦場に再び戻るのだ!とか、ランボーの家族が誘拐されてしょーがないので戦いだ!とか、そーゆーこと。(←ぜんぜんわかんないってば)
とにかく、来春に撮影開始ですってよ。

男シルヴェスター60歳、2度も鍛えるのは大変だぜ!
男シルヴェスター60歳、1度鍛えたらそれで映画2本撮っときたいぜ!

millenium-filmsっていう会社が、Emmett/Furla FilmsEquity Picturesとパートナーシップを組んで製作するんだとか・・・そんな具体的すぎる噂、きっとホンモノに違いないぜ!

もしも、もしも、『ROCKY 6』はロイ・ジョーンズ・Jr.(Roy Jones Jr.)に取られてしまうのなら、特攻野郎AチームのミスターT(Mr. T)は『RANBO 4』にでも出してください。(←痛切)

心ゆくまでさるお、もんち!

2005年10月18日

特攻野郎ミスターT復活祈願エントリー Mr. T Returns in Rocky 6, Oh yeah baby!

さるおです。
ジョン・カビラ、声だけ聞いてた頃はきっとコイツかっこいいに違いないと思っていたが、顔見て思いました。意外ってこーゆーことを言うんだよなー。
ついさっき、その人がラジオで言ってましたよ、『ロッキー6』決まったって!
10月14日のちょっと涙の出るすごすぎる噂、ホンモノでございますよ。年明けから撮影開始です。

ジョンが言及していたのは、シルベスタについてだけでした。あと、ロッキーの人間性に焦点を当てた映画になりますってことも。これ以上、人間性に光が当たってどうするんだか。

ここまでくると、あとはもうひたすら特攻野郎AチームのミスターT復活を祈るだけです。
ateam.jpg
行けーっ!命知らずの仕置屋軍団!
役を勝ち取れーっ!特攻野郎ミスターT!
決めてくれーっ!
(コーフンしすぎ)

ところが、新たなライバルがぁぁぁっ!
ボクシング界のスーパースター、ロイ・ジョーンズ・Jr.(Roy Jones Jr.)です。手ごわい・・・
ロイはミドル級世界チャンピオンだったのに、スーパーミドル級とライトヘビー級のベルトも獲得、ついでに一昨年ヘビー級のベルトまで手に入れてしまった、4階級制覇のボクサー。手ごわい・・・
しかも、『THE MATRIX RELOADED/マトリックス リローデッド』に出ちゃったりなんかして(Ballard役)、すでに映画界に進出しちゃってます。手ごわすぎる・・・

心ゆくまでさるお、もんち!

2005年10月14日

すごすぎる噂 ちょっと涙出ましたね

さるおです。
『ロッキー 6』の撮影が12月から始まります。まじかよーっ!

rockie.jpg MrT.jpg

しかも相手は特攻野郎ミスターT!!!
まいった。

妻エイドリアンの死後、悲しみに暮れ一度は引退したロッキーだったが、やがてカムバックを決意。
小さな地方興行で試合をするようになり、ある時ついにヘビー級チャンピオンとの対戦が組まれ、突如としてマスコミの注目を浴びるようになり・・・。
っちゅー話です。カムバック!!!まじですかーっ!

たしか『ロッキー 5』(相手はドラゴ)で脳に障害が出て引退してトレーナーになったんじゃ・・・

1946年7月6日生まれのシルヴェスター・スタローン(Sylvester Stallone)、60歳になってしまいますが、リングに上がれ!
特攻野郎ももうすぐ54歳。1952年生まれですから。

心ゆくまでさるお、もんち!

2005年10月12日

ひとまねこざる The King of 'Curious'-ity

さるおです。
なんとなく、他人事ではないですよ。
『CURIOUS GEORGE/ひとまねこざる』(おさるのジョージ)予告編が公開になりました。

http://movies.aol.com/movie_exclusive_curious_george_clip

↑ なんか、表情がおかしい。が、可愛くないわけでもない。ビミョー。
↓ こっちの感じが好きなんだけど・・・

ジョージ

心ゆくまでさるお、もんち!

2005年08月19日

ジョニー・デップのストリップ劇場へようこそ!

さるおです。
あくまで噂、と思っていたが、あまりの記事の多さに、これは本当なんだろうなと思えてきたぞ。
ジョニー・デップ(Johnny Depp) の5度目のティム・バートン(Tim Burton)とのコンビ作ね、ストリッパーの話ですから。ということは、彼がストリッパーですから。ジョニー君、ストリップの女王ジプシー・ローズ・リー(Gypsy Rose Lee)になってしまうらしい。

ジョニー.jpg

ジョン・クリストファー・デップ2世曰く、
「ティムによ、次は何を一緒に撮っぺ?って聞いたらよ、『そうさな〜、ほしたら次はジプシー・ローズ・リー物語をやっかい?』って言うからよ、『おれがジプシー・ローズをやんけ?』って聞いたっくれ、『ほだよ!』って答えっぺな、た〜まげっちゃったよ。」
ジョニーよ、なぜに栃木弁?

続きはココだYO!

2005年08月18日

Mr. Kiss Kiss Bang Bang ってゆーのは、もしやヴァル・キルマーなんですか?

さるおです。
ロバート・ダウニー・Jr.(Robert Downey Jr.)とヴァル・キルマー(Val Kilmer)のクライムコメディ映画『Kiss, Kiss, Bang, Bang/キス・キス・バン・バン』ってなに?

ヴァル.jpg
http://kisskiss-bangbang.warnerbros.com/

さるおにとって『KISS KISS (BANG BANG)/キス★キス★バン★バン』(感想文はこちら)といえば、心に愛とピストルを、なんだけど・・・
『007』はおいといて、劇場公開できなかった1966年の伊/西映画『KISS KISS - BANG BANG/キスキス・バンバン』(ドゥッチオ・テッサリ(Duccio Tessari)監督)もおいといて、心に愛とピストルを、なんだけどなぁ・・・

心ゆくまでさるお、もんち!

2005年08月02日

『ハリー・ポッター -炎のゴブレット-』注目の新キャラ"マッドアイ・ムーディー"の姿が明らかに!

さるおです。
スーパー・ポッタリアンです。
11月26日公開の『HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE/ハリー・ポッター -炎のゴブレット-』に出てくるProfessor Alastor 'Mad-Eye' Moody(マッドアイ・ムーディー)、ついにお披露目され始めているらしいです。

オフィシャルサイトはこちら
http://harrypotter.warnerbros.com/gobletoffire/index.html

ほんで、どんなお姿かというと
マッドアイ.jpg

え?
本の描写と違うわけではないのだけれど、なんかちょっとイメージと違ったりして。
もうちょっと鋭い感じかと・・・
だいじょうぶか、マッドアイ。元気だせ。

続きはココだYO!

2005年07月08日

人食いハンニバル・レクター じつは4本ありましたね

さるおです。
マイケル・マン作品でついつい忘れがちなのが、あのハンニバル・レクター(Hannibal Lecter)博士が初登場した『刑事グラハム -凍りついた欲望-』(1986年)という映画。トマス・ハリス(Thomas Harris)原作。
あれれ?と思うんでないかい?

『羊たちの沈黙』 
監督ジョナサン・デミ/出演ジョディ・フォスター/1991年/シリーズ第2章
『ハンニバル』
監督リドリー・スコット/出演ジュリアン・ムーア/2000年/シリーズ第3章
『レッド・ドラゴン』
監督ブレット・ラトナー/出演エドワード・ノートン/2002年/シリーズ第1章

なんで忘れがちなのかといえば、"ハンニバル・レクター博士シリーズ3部作"だからである。

『刑事グラハム -凍りついた欲望-』と第1章『レッド・ドラゴン』は同じ話。

続きはココだYO!

2005年06月27日

映画鑑賞感想文の予告『ラストデイズ』 カート・コバーン最期の48時間

さるおです。
『LAST DAYS/ラストデイズ』を観る。必ず観るよ。なんの映画かと言うと、"カート・コバーン(Kurt Cobain)最期の48時間"、だから観るのだ!
だから、日本でも公開してください(現在未定)。

【追記:渋谷公園通りパルコ3前の"シネマライズ"にて2006年3月18日衝撃のロードショー!】

lastdays.jpg

監督が、さるおの天敵ガス・ヴァン・サント(Gus Van Sant)だけど、必死で観るよ。

続きはココだYO!

2005年06月03日

映画『モンスター』のアイリーン・ウォルノスとは誰か?

さるおです。
かつて『マーダー・ケースブック』を毎週飽きずに買い続けた連続殺人マニアのあっぶな〜いさるお君、ものすごい映画『MONSTER/モンスター』を観て、とんでもなく哀しくなってしまった。感想文も大変ヘビーだ。
とにかく追悼、追悼。

続きはココだYO!

2005年04月24日

プレデターって誰だっけ?

さるおです。
映画界の異種格闘技戦『ALIEN VS. PREDATOR/エイリアンVS.プレデター』を観てふと思ったぞ。エイリアンはみなさん観ていると思うが、プレデター君には今作で初顔合わせの方も多いんではないか。ということで、プレデターって誰だっけ?

続きはココだYO!

2005年03月02日

ティム・バートンとジョニー・デップの新作『チャーリーとチョコレート工場』が早く観たいぞ

さるおです。
ティム・バートン(Tim Burton)がジョニー・デップ(Johnny Depp)を選んでいるのか、ジョニーがティムを選んでいるのか知らないが、『チャーリーとチョコレート工場(Charlie and the Chocolate Factory)』(感想文はこちら)がもうずいぶん前から楽しみなさるお。ガキの頃読んだよね『チョコレート工場の秘密』っていう不思議系冒険話の本。
結婚してガキもいて、すっかり更生したかつての問題児ジョニーは「おとうちゃんの出てる映画観たい」と子供に言われたら観せられる映画に出たいんだそうで、おかしな事をやらなくなりました(笑)。

http://chocolatefactorymovie.warnerbros.com/

心ゆくまでさるお、もんち!
 

2005年02月27日

第25回ゴールデン・ラズベリー賞 結果発表!

さるおです。
今年も決まりました、栄えあるトロフィーの行方が。ノミネートの状況をざっとおさらいしつつ受賞者(★)の発表です。

続きはココだYO!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。